CHECK

一級建築士事務所は何をしているところ?一級建築士事務所の基礎知識を解説します

一級建築士事務所は建物の設計や工事監理を行う所であり、名称の通り一級建築士が所属しています。
常勤する一級建築士は他の建築士とは異なり、担当できる建物の制限がありません。
そのため、建物の大きさや用途を問わず仕事を頼むことができます。
建築士は個人で設計などの仕事を受けることはできないと法律で決まっていることから、仕事を依頼する場合は必ず建築士事務所を利用することになります。
設計図の作成や工事のスケジュール調整などが建築士の主な仕事です。

一級建築士事務所は何をしているところ?一級建築士事務所の基礎知識を解説します

建物を建てるする際に頼る先として建築士が知られています。
基礎知識として建築士には一級や二級、木造などの違いがありますが、一級建築士には建物の制限がありません。
小さい小屋から大規模な建物まで、建物と呼ばれる物のほとんどすべての設計や工事監理に携わることができます。
また、建築士は個人で設計や工事監理の仕事に従事することができず、建築士事務所への所属が必要であることが法律で定められています。
一級建築士事務所は様々な建物の設計や工事監理ができる、一級建築士が常勤している事務所です。
一級建築士事務所は建物の設計図を作成する他、工事が円滑に進むようにスケジュールの調整や人員の配置などにも関与します。

一級建築士事務所は建築物の構造設計を担当する

建物の構造を設計する作業は耐震性など耐久性に直結する大切なプロセスなので、正しい知識と経験を保有した建築士が行わなければなりません。
平成18年12月に新しい建築法が公布されてから、一定規模以上の建物は構造に関する設計を一級建築士が行う必要があると決められました。
そのため一級建築士事務所では建築物の構造設計を担当しており、建物の安全性や耐久性・耐震性などを高めるような設計を行っています。
一級建築士事務所では構造設計一級建築士と呼ばれる資格を保有する建築士が在籍しており、大規模な建物の建築には欠かせない存在です。
大規模な建築物の設計に携われる仕事なのでやりがいも大きいと言われており、毎年多くの人が資格の取得を目指して試験を受験しています。
資格取得にかかる費用が高いことがデメリットとして挙げられますが、その後の仕事で得られる報酬ややりがいなどを勘案すれば決して高いものという訳ではないかもしれません。

建物の土台と骨組みの完成度を決めるのが一級建築士事務所

一級建築士事務所は、大規模な建物の構造などを設計することができるのが特徴であり、そのために建物の土台と骨組みの完成度を左右する基本設計を行う場合が少なくありません。
全体のバランスなどを十分に考慮し、デザインを重視しながらその安定性を高めるための仕組みを考案することが、重要な役割となっています。
一般的な建築士の場合には、それほど大きな建物を設計する機会がほとんどない場合が少なくありません。
そのためその構造設計の技術は決して高いものではなく、一般的な低層建築物の範囲を逸脱しないレベルとなっているものです。
この場合には内部の構造や風や雨などに対する影響を考慮すれば良く、その他の要因はあまり気にせずに高い強度を保っていれば良いものとなります。
しかし一級建築士事務所の場合には高層建築や特殊な形状の建物等を取り扱うことも多く、建築学の観点からその重心の計算やバランスの倒し方などを考慮する必要があり、高い技術を持っていることが多いものです。

一級建築士事務所は建築現場を指揮する管理者的な立場

一級建築士事務所は一級建築士の資格を持つ人が常勤している事務所です。
建築士は建物の設計を行うのが主な仕事ですが、工事監理も重要な役割の一つです。
建築工事は大勢の人が関与する大掛かりな作業です。
設計通りの建物を期日までに建てるには円滑なスケジュール調整が欠かせません。
一級建築士事務所は工事の進行や人員の配置などに責任を持つ管理者として重要な立ち位置にいると言えるでしょう。
同じ管理業務でも建築士の技能で結果の良し悪しが変わることから、仕事を頼む際は実績が豊富で高く評価されている所を選ぶことが重要になります。
建築士は個人で設計などの仕事を行うことはできないと法律で定められています。
これは建築工事は社会的な影響が大きく、個人ですべての責任を負うことができないためです。
特に一級建築士は関与できる建物の大きさや用途に制限がないことから、重大な建築工事にもしっかりと責任を持って臨むには事務所に所属する必要があります。
また、管理者としての責任や権限を明確に示すためには個人ではなく会社組織である事務所が有利であることも大きな理由です。

一級建築士事務所には経験豊富な建築士がいる

一級建築士事務所には、経験豊富な建築士が数多く存在していることが特徴となっています。
その理由はこのような事務所は大規模な工事を依頼されることも多く、通常の住宅等ではあまり行われない特殊な設計を行っていることも多いためです。
さらには規模が大きくなるほど複雑で難しいものを実現しなければならないケースも多いため、その実現をする上で様々な経験を積んでいることが多いのも特徴です。
通常の工務店などで働いている建築士の場合には、特定の範疇で設計をしているケースが多く、そのために実際に対応することができる分野が比較的狭いと言うことが少なくありません。
住宅の場合には一般的な戸建てなどを中心に取り扱っているため、高い強度を維持するための特殊な方法などを習得していないことも多いものです。
一級建築士事務所の場合には様々なケースに対応した建築士が数多く存在しているため、注文住宅で自分の希望を実現することができる可能性が高くなることがポイントです。

一級建築士事務所に関する情報サイト
一級建築士事務所について知りたい!

一級建築士事務所は建物の設計や工事監理を行う所であり、名称の通り一級建築士が所属しています。常勤する一級建築士は他の建築士とは異なり、担当できる建物の制限がありません。そのため、建物の大きさや用途を問わず仕事を頼むことができます。建築士は個人で設計などの仕事を受けることはできないと法律で決まっていることから、仕事を依頼する場合は必ず建築士事務所を利用することになります。設計図の作成や工事のスケジュール調整などが建築士の主な仕事です。

Search